【療養生活】レクサプロを断薬して2カ月以上が経過。離脱症状がなくなりました!!

レクサプロを断薬して2カ月以上が経過しました。結論から申し上げますと、離脱症状がなくなりました!! 嬉しい!!

レクサプロ断薬1カ月目の記事はこちら↓

【療養生活】レクサプロを断薬して1カ月。離脱症状の経過報告

レクサプロ断薬による症状経過

吐き気

吐き気がだいぶ治まってきたなと感じたのは、12月半ばあたりです。吐き気を抑えるために処方してもらったトラベルミンも週に1度の使用で済むようになりました。トラベルミンを最後に使用したのは12月19日です。今は全く吐き気はありません。

ピリピリ感

吐き気が治まるのと同時にピリピリ感も感じなくなってきました。

イライラ

イライラも治まってきて比較的穏やかに暮らしています。女性特有のホルモンバランスの影響でイライラしてしまうことはありますが、断薬直後に比べると、とても過ごしやすいです。

不眠は続いています

離脱症状は治まりましたが、不眠は続いています。睡眠薬が残りわずかとなっており、診察日までまだ日数があるので、睡眠薬はここぞというときに使用しようと思っています。

現在は布団に入ってから眠るまでに約2時間かかります。眠れなくてしんどいこともありますが、慣れてきました。

また、睡眠薬を飲まずに寝るととても眠りが浅いです。夜中に何度も目が覚めます。日によっては1度起きてしまうとそのあと眠れなくなってしまう日もあります。

落ち込み・無気力も徐々に回数が減ってきましたが・・・

以前よりも理由なく落ち込んだり無気力になってしまう回数も減ったように感じていますが、まだまだ抗不安薬のレキソタンに頼ってしまうときもあります。

夜寝る前は特に、過去のことを思い出して涙が止まらなくなってしまうことは今でもあります。

日中も理由なく胸がざわざわしたり、無気力になってしまう日もあります。

しかし以前に比べると料理もできるようになり(たまにさぼります)、天気が良い日はお散歩にも出かけられるようになりました。

少しずつではありますが、回復しつつあります。

まとめ

結果、離脱症状は約2カ月程で治まりました。レクサプロをやめたばかりの頃は、吐き気やピリピリ感が一生続くんじゃないかと不安になりましたが、今では落ち着いて安心しています。

レクサプロにはお世話になりましたが、できればもう飲みたくないなと思います(^_^;)

今後はレキソタンで調整しつつ、最終的にはレキソタンもやめられたらいいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA