【初詣】2020年1月5日の明治神宮の様子。混み具合や御守り、おみくじについて。

昨日は明治神宮へ初詣に行ってきました!

今回は明治神宮へ初詣に行った感想、混み具合や御守り、おみくじについてご紹介します。

2020年1月5日の明治神宮の様子

私は結婚式も明治神宮で挙げました。なので何度も行く機会があったのですが、1月のはじめの方に初詣に行ったのは今回が初めてです。本当は1月3日までに初詣に行った方がいいと聞きますが、混雑が怖くて行けません(笑)

ということで、1月5日に行ってみたので、その様子をご紹介します。

混み具合

10時半ごろ原宿駅に到着。

原宿駅っていつもとても混んでいますよね。あまり大きい駅ではないのに、利用する方が多いのでぎゅうぎゅうなイメージです。

初詣は、駅も参拝者でものすごく混んでいるのかな・・・と思っていたのですが、混み具合はいつもの原宿駅とあまり変わらないように感じました。もちろん、出口専用改札口があったりと、混雑しないように工夫はされていました。

明治神宮に到着してからも、想像していたよりも空いていたので安心しました。夫も私も歩くのが早いのですが、すいすい人を抜かして歩くことができました。

手水舎

参拝前に身を浄めるために使用する手水舎。通常の手水舎も使用できますが、そのすぐ近くに簡易的な手水舎が設置されていました。水が絶えず下に流れ落ちていて、柄杓はありません。素早く身を浄めたい、という方にとてもいいなと思いました。

参拝

賽銭箱がいくつか設置してあり、比較的空いている列に並びました。列に並んでから参拝するまで、10分も掛からなかったと思います。

下の写真は参拝の列に並んでいるときに撮りました。御神木と本殿。

雲ひとつなく、とても気持ちの良い日に参拝できて嬉しかったです。

御守りについて

今年は800円の「心身健全御守」を購入しました。

色は上の写真の金色と、紐の部分が紺色で御守りの部分が銀色になっている2種類がありました。心身健全御守はいくつか種類がありましたが、小ぶりで付けやすそうなのでこちらにしました。鈴もついていないので、鈴の音が気になる方にもおすすめです。

おみくじについて

明治神宮のおみくじには、よくある「大吉」や「凶」といった運勢を表すようなことは書いてありません。他の神社では、恋愛や願望、職業といった項目別に運勢が書かれたおみくじをよく目にしますが、明治神宮のおみくじにはそういったことも記されていません。「大御心」という明治神宮独自のおみくじです。

少し厚みのある紙で色もついており、華やかで可愛いおみくじです。

運勢は書いてありませんが、今回のおみくじの内容は心にぐさっときました。私はとてもひねくれた性格で不平不満も多いので、来年はこのおみくじのアドバイス通り、素直でありたいと思いました。たぶんすぐに忘れるので、たまに見返そうと思います。

もちろん、初詣以外に行くのもおすすめです!!

明治神宮は緑豊かで心が安らぐので、私のお気に入りの神社のひとつです。

普通の日に行けば結婚式も行われているので、参道を歩く花嫁さんを見ることができます。私も自分の結婚式の際に白無垢を着て歩きました。一般の参拝者がいる中を練り歩くので、大勢の方に注目されて貴重な体験でした。

今回は初詣のため訪れましたが、今年は別の機会に何度か行けたらいいなと思います。