毒親と距離を置くメリット

私は現在、両親と距離を置いています。

具体的には、両親からのLINEをブロックしています。私の両親はLINEでしか連絡を取りません。電話もメールも手紙も来ません。祖父が亡くなったときもLINEで連絡がきました。

今回は私が実際に毒親と距離を置いてみて感じたメリットをご紹介していこうと思います。

【メリットその1】毒親のことを客観的に見ることができる

「親」というのはとても身近な存在だと思います。何らかの事情で幼い頃に親元から引き離されてしまった方は例外ですが、ほとんどの方が生まれてから大人に成長するまで、親や兄弟、家族と多くの時間を共有します。

近すぎると全体像を捉えることができない

いきなりですが、問題です!

この画像は一体なんでしょうか?













正解は・・・・

ゆゆか家で飼っているグッピーたちです。

1枚目の写真で魚だとわかった方、いらっしゃるでしょうか?

当たり前のことですが、近すぎたり、拡大しすぎたりすると、その物体が何なのかわかりません。

毒親にも同じことが言えます。

近すぎると毒親が本当はどんな人間なのか、わからなくなるのです。

私の場合、いつも母は怒ってばかりいてとても怖い存在でした。

LINEブロックしてから数カ月ぶりに母に連絡をしてみると、母は怒っている様子はありませんでした。むしろめちゃくちゃよそよそしくて、私に気を使っているのがわかりました。怖くもなんともありませんでした。

あれ? お母さんって、私が思ってるよりも怖くないかも。

そう思いました。

よくよく考えてみると、母は家族の中で私にしか大きな態度をとりません。特に父のことは怖いみたいでいつも父のいいなりになっています。

私は小さい頃から母の言うことを聞いてきたので、母は私のことを自分より下とみなし、なんでもかんでも口に出して言うようになったのだと思います。

私ももっと言い返せばよかったな、と思います。

けれど当時は、母に逆らうと私が謝るまで数日口をきいてくれなくなってしまったり、いきなり私の部屋にノックなしで入ってきて怒鳴ってきたり、私の分の洗濯をしてくれなくなったりするのが、とても怖かったです。

【メリットその2】自分の人生を生きることができる

「自分の人生を生きることができる」というと少し大げさに聞こえるかもしれません。しかし私は両親と距離を置いたことによって自分の人生を生きることができるようになったと感じています。

私の場合、親と距離を置くことによって、「私も幸せになっていいんだ」と思うようになりました。

いつも愚痴ばかり言っている私の母は、あまり幸せそうに見えませんでした。

親の影響は大きく、子供のころから毎日親の不満そうな姿を見たり発言を聞いていると、そうやって不平不満を言って生きていくのが普通のことなのだと思うようになります。私は大きくなっても幸せになれないと、幼い頃に絶望したこともあります。

親と距離をとり、親の価値観から遠ざかることによって、自分が本当にやりたいことや親の価値観が全てではないということが実感としてわかるようになります。

少しずつですが、生きるのが楽しくなってきます。

【メリットその3】つらい記憶が「過去の記憶」になる

私はまだ過去のことを思い出すとつらくなってしまうことがあります。その時の感情や体の感覚がよみがえってきて今実際に起きていることのように思います。トラウマの「フラッシュバック(追体験)」という症状ですね。

ですが、それも親と距離を置くことで少しずつ良くなってきています。

つらい記憶が「過去の記憶」として脳に保存されるようになってきているのだと思います。

「過去の記憶」になると、その記憶について冷静に考えることができるようになっていきます。過去を見つめるのが怖くなくなり、客観的に当時の状況を分析できるようになります。

終わりに

私は最初、距離を置くのにもとても勇気が必要でした。

今では慣れてきて、この間まで連絡をとっていたのですがまた関係がしんどくなってきたので、「しばらく連絡を絶ちます」とLINEを送ってそのままブロックしてしまいました。

親と距離を置いてみてそのほうが自分が生きやすいならそれでいいと思います。

自分の心と体の健康のためにも、親が毒親の場合は、一度距離を置いてみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA