サブブログ【ゆゆかゲーム】はこちら

健康あっての美容

タイトルは最近常々思うことです。

身をもって実感しております。

『健康あっての美容』

10代や20代前半のときは全く無縁の言葉でした。

それが今では痛いほどわかります。

そこで今回は私の健康と美容について勝手に語ります。

10代の健康と美容

親に容姿について貶されることが多かった為、美容については人一倍興味がありました。

どんなことを言われてきたか、興味がある方はこちらの記事をご覧下さい↓

『顔が可愛くないと誰からも愛されない』

『毒親から吐かれた毒シリーズ『太っているから何を着たって似合わない』

幼稚園からダイエットを始め、今も継続中です。
ダイエット歴20年越えです。
飽きっぽい上に運動が苦手な為、挫折したダイエットはたくさんあります。

一番痩せていたのは高校生のときでした。
部活で動いていたのと、ストレッチを毎日していた為かなり体が柔らかく、基礎代謝が高かったのだと思います。

たぶん私が痩せられる一番のダイエットはストレッチです。
最近は面倒でやっていませんが…。

また、小学5年生のときに叔母から化粧品をもらいとても嬉しかったことを覚えています。

それからメイクに目覚め、化粧品集めの毎日。
化粧品を買ったり、メイクするのが生き甲斐でした。

高校生のときはマスカラ10本以上、アイシャドウも10個以上持っていたりと、バイト代はとにかく化粧品につぎ込んでいました。

片目が一重の為、自力で二重になる方法をネットで探しまくったり、美意識の高い友達と情報交換したり、それはそれで楽しかったです。

健康面では、小学校低学年の頃から頭痛持ちでした。
恐らくストレスの影響です。

中学生の頃は喘息と食事制限ダイエットで常に体調が悪い日々。
こちらは高校生になって運動をするようになり改善。

10代の頃は具合が悪くてもあまり気になりませんでした。
自分の体の不調は二の次で、とにかく美容第一って感じです。

それでも乗り越えられてしまうのは、若いからですね。

20代前半の健康と美容

20代前半はアパレルショップ店員をしていて、ずっと立ちっぱなしでした。しかもブランドの規定でヒールを履いていました。
その為いくら食べても太らない。

メイクも相変わらず大好きでした。
また、この頃はヘアアレンジにも凝っていて毎日編み込みしたり、髪を巻いたりしていました。

メイクばっちりしてヘアアレンジして、お客様にかわいい!! って言って貰えるのが嬉しかった…!!

しかし体調面ではストレスの為、毎日のように頭痛。
仕事が嫌で嫌で仕方なかったです。
また謎の微熱が1週間続いたり、毎朝耳がこもり聞こえづらくなったりして病院をはしごしました。

結局当時はわかりませんでしたが、数年後同じ症状の方と出会い、ストレスであったことが判明しました。

20代後半から現在の健康と美容

精神科にはトラウマ治療の為、26歳から通い始めました。
向き合っていくうちに嫌なことも思い出し症状が悪化。
最初は『PTSDによる鬱』と診断されましたが、トラウマが回復しつつあるのに体調やメンタル面で不安定な今は、発達障害の疑いがあると言われました。
後日心理検査を受けます。
心理検査は予約がいっぱいで10月に受けることになりました。

あと、25歳辺りから便秘に苦しむようになりました(笑)
この頃から太りやすくなります。
食べたら食べた分だけ太るというか、痩せにくくなるというか…。

こんなところに脂肪がつくの!?
と驚くこともありました(笑)

しかしこの頃は気にはするものの、太ることに対して以前よりも受け入れられるようになっていた為、絶望することもありませんでした。
現在もそんな感じです。

10代の頃の痩せなきゃ! という脅迫的な考えがなくなって楽になったなぁと思います。

また、徐々に美意識が低くなり今じゃ毎日すっぴんです。
出掛けるときは日焼け止め塗るくらいです。
10代の頃はすっぴんでコンビニにすら行けなかったのに…。

出掛けるときくらいちゃんと化粧しないとなぁとも思うのですが、最近はそんな余裕がないくらいしんどいです。

美容とか、見た目のことに意識がまわりません。
体調やメンタル面がもっと回復すれば、また化粧や服にも興味が出てくるのかなとも思うのですが、今は考えられないですね。

こうやって振り返ってみるといかに私が自分の体を蔑ろにしてきたかがよくわかります。

若い頃はみんなそんなものかもしれませんが、もうちょっと気を使って上げて~、と当時の私に言いたい(笑)

また、昔から私はストレスに弱いみたいです。
きっとストレスとちゃんと向き合ってこなかったから、今の状況になっているんだろうなぁと思います。

今は辛い時期ですが、きっと必要な時期なんだと思います。

こうして休職したり、毎日しんどくて体調面でもメンタル面でも苦しい思いをしなかったら、きっとこの先もずっと自分の体や気持ちを蔑ろにしていたと思います。

だから今の状況は必然で、私の人生においてなくてはならない時期なのだと思います。

とはいえ、ずっとこのままはいやなので、今はとことん休んでまたメイクや好きなことを楽しみたいと思います!

今は28歳です。

これから30代40代と年を重ねるにつれ、さらに体が変化していくと思いますが、
『健康第一』を忘れずに、過ごしていきたいと思います。