サブブログ【ゆゆかゲーム】はこちら

占い依存症

先日テレビで占い依存症になってしまった人の話が放送されていました。

占いって、好きな人はたくさんいると思いますが、それと同じくらい占いに対して怪しいイメージや良くない印象を持っている人もたくさんいると思います。

番組を観た方の中には、占いに対してさらに悪いイメージを持った方もいるかもしれません。

占い依存症とは

占い依存症とは、文字通りアルコール依存症やギャンブル依存症のように、占いに依存してしまう依存症です。

占い依存症になると、日常の簡単なことも占いで占ってもらわないと決められなくなったり、自分が納得がいく結果がでるまで占い師を渡り歩いたりします。特に電話占いは、いつでもどこでも電話さえあれば占ってもらうことができ、つい占いにお金をつぎ込んでしまい、その結果借金を抱えてしまう場合もあります。

占いとの距離感

私も占いが大好きなので占い依存になってしまうのはとても怖いなと思います。

実際に占い師に占ってもらったこともあります。

いい人もいましたが、私には合わない人もいました。それは人間なので仕方ないですね。

今のところ、この人すごく当たる!! という方にはあったことがないのでリピートはしていません。

占いもアルコールや買い物と一緒で、現実をみてバランスを保ちつつ付き合っていけば、依存しないで良い結果を導いてくれることもあると思います。

私は占いで背中を押されて行動できたこともあります。

タロット占い依存について

最近は、自分の中で占いブームがきていて自分で占っています。

タロット占いとオラクルカードによるリーディングを勉強中です。

私が買ったタロットカードについて紹介しています。よかったらご覧ください↓

タロットカード購入

自分で占えば占い師に依存することはなく、お金もかかりません。

しかし、なんでもかんでもカードに頼ってしまうと今度は『タロット占い依存』になってしまう恐れもあります。

カードで占わないと何も決められない状態です。自分の意思とは違う結果が出たり悪い結果が出ると納得がいくまで何度も占ってしまいます。

書籍『占い師入門』

最近『占い師入門』という本を読みました。

占い師入門

占い師入門

ざっくりした占いの種類や占い師のなり方や仕事内容、悪徳占い師について書かれている本です。

占い業界は私にとって未知の世界なので、とても興味深かったです。

そして、こちらの本にとても大切なことが書いてありました。

百%当たる占いは、百%ありません。

すごくすごく当たり前のことですが、これを言っている占い師さんに私は出会ったことがありません。占い師さんも商売だから言わないですよね…。占う前から、100%当たる占いはないよ! なんて言わないですよね。

しかし、言わないだけでみんな知っているはずなのに忘れがちなことのように思います。

心が弱っているときは尚更です。

こちらの本はこういった普段占い師さんが言わないようなこともきちんと書いてくれています。

一番は自分で決めること

占い依存症になると借金をしてしまう場合もあります。安心感を買う代わりに、お金と自分で決める能力を失います。たとえ自分で占うとしても、お金がかからず周りに迷惑をかけていなければ病気とまではならないかもしれませんが、やはり占いばかりに頼っていては自分で決める能力は衰えていきます。私は自分で何かを決める能力というのはとても大事だと思っています。

というのも、私は自分で決めるのがとても苦手だからです。

自分で決めることは、自分の人生に責任を持つことだと思っています。他人が決めたことではなく、自分で考えて、うまくいくかどうかわからないけれど決める。ときにはそういうことも必要だと思います。

なので私もタロットカードやオラクルカードについて勉強をしつつ、なんでも占いの結果に頼らずに自分の気持ちや直感を大切にしていきたいと思います。

また、私はまだ勉強中なので実感はないのですが、タロット占いを勉強していくと直感が研ぎ澄まされていくそうです。

ときには占いの結果を参考にしつつ、自分で自信を持っていろいろなことを決められる人間になりたいです。